本使用条項は,KIKDOLLS社(以下,「会社」と略す)が運営する「kikdolls.jp」に顧客が製品を注文するための条項や条件を規定している.。
これらの使用条項を注文前によく読んでください。
KIKDOLLS社が運営するサービスの利用に関する事項については,本条項と条件を適用する。
第一条(条項及び条件及び変更の範囲。
本プロトコルは,当社と会員(第2章第1条定義)に適用され,本サービスの利用について適用される.。
当社は会社が適当と思っている方式で会員に通知する権利があり、事前に会員の同意を得ることなく、本プロトコルを変更することができる。
第二条(役務の利用)。
私たちはKIKDOLLSのプライバシーポリシーに従って、あなたの個人情報を適切に処理します。
このサービスを利用したい場合は、画面上の指示に従って、あなたの電子メールアドレス、氏名などの基本情報を登録してください。
基本登録情報を記入し、本プロトコルの内容に同意すれば、「会員」となります。
3条(KIKDOLLSメンバー)。
1)会員とは何か?
“会員”とは,本協定の承認を受けて会社が定めた手続により会員として登録された者をいう。
(2)会員登録。
申込者は、当社が当サービスの会員登録ページに規定する方法に従って入会を申請しなければならない。
潜在会員が過去にこの条項や条件に違反していたことや、潜在会員の申請に虚偽の情報が含まれていたことや、当社が入会申請を承認するのに適さないと判断した場合は、当社は承認しません。
(3)登記情報の変更。
会員が会社の登記のすべてまたは一部の事項に変更が発生した場合、乙側は会社が別に定めた方式で直ちに登録内容を変更しなければならない。
当社は何の責任も負いませんし、ユーザーが適切なタイミングで変更登録をしていないことによる損失であっても、当社は何の責任も負いません。
(4)“サービス”の利用停止と会員登録抹消。
会員が次のいずれかに該当する場合には、当社は、事前に通知することなく、当該会員の利用を停止し、その他の会員登録を取り消すことができると認めるその他の措置を講じて会員登録を抹消することができる。
過去に当社が提供するサービス条項に違反し、会員の資格を取り消すなどの処罰を受けました。
登録された情報に虚偽の内容が含まれていると発見されたら。
正当な理由なく、当社が過去に提供したサービスが正当な理由なく費用等の支払義務の履行を遅延させたこと、商品等の長期間の不受諾、返品拒否その他の違約行為を発見した場合その他当社の定めた条項(この条に限る。)の規定に違反したとき。
五手続の取消し。
会員はいつでも会社の規定のプログラムを通じて会員資格を取り消すことができます。
会社が退会申請を受けた場合、会員はその会員資格を失う。
6)身分証明書とパスワードの管理。
会員は会員登録時に会員登録時に設置されたユーザIDとパスワードを厳格に管理・保管する。
会員は、あらかじめ同意を得た場合を除き、第三者に対し、その利用者ID及びパスワードを譲渡し、購入し、売却し、承継し、貸与し、又は貸与し、又は漏らしてはならない。
会員は,そのユーザIDやパスワードが第三者に不正使用されていることを発見した場合は,ただちに会社に連絡しなければならない.。
会員は、利用者IDやパスワード管理の不備、使用中のミスやミス、第三者等の不正使用による損失などにより、当社は一切の責任を負いません。
第四条禁止項目。
ユーザーは、これらの規定に違反して当社又は第三者に損害を与えた場合には、当該ユーザがすべての損失を賠償することを責任とする行為をしてはならない。
一他の利用者、その他の利用者以外の第三者若しくは自社に迷惑、不利益若しくは損害を与えるおそれのある行為又は迷惑、不利益若しくは損害を生ずるおそれのある行為。
二他の利用者、その他の利用者以外の第三者を侵害し、又は侵害し、又は当該会社の著作権、肖像権、人格権、精神権、プライバシー権、プライバシー権、公開権等の知的財産権を侵害し、又は侵害する行為。
3)ビジネス目的で本サービスを利用する行為(当社が事前に承認したものを除く。)。
四公の秩序及び道徳を害するおそれのある行為その他の法令に違反する行為。
(5)虚偽や誤った内容を含む情報を登録する行為。
6)ユーザの利用範囲を超えて本サービスで得られたコンテンツを利用する行為.。
七本サービスにより得られたコンテンツを複製、売却、出版、配布、開示及び他の利用者又は他の利用者以外の第三者により複製、売却、配布、伝播し、開示することと同様の行為をすること。
他のユーザの個人情報を収集,蓄積する行為.。
九電子計算機ウイルス、電子計算機コード、ファイル又はプログラム等の電子メールその他の方法により電子メールその他の方法により電子計算機のソフトウェア、ハードウェア又は通信装置の動作を妨害し、又は制限することを目的としたコンテンツを当該サービスにアップロードし、又は送信すること。
会社は適切な他の行為、損害や会社の信用を破壊するなどの行為を合理的に判断している。